お知らせ

花粉症の治療薬と献血の可否について

お知らせ| 2015年02月27日

花粉症の症状が軽い場合は花粉症の薬(市販薬)を服用されていても多くの場合は献血に支障はございません。【セレスタミン等ステロイド剤を含む場合を除きます】

処方を受けたものですと、その種類により判断させていただいております。

花粉症の治療中の場合は、その程度によって、また献血に差支えが出るような強い症状の場合は献血をご遠慮いただいています。


このページの上へ